その2:不動産行脚はじまる‥2009/03/01

地元の不動産屋さんを数件訪ねるがこれといった物件もなく。 たまたま、駅の近くの不動産屋の張り広告を物色していると、、「中にもいろいろあるから見ていったら~」と、店のおじさんが出てきました。
ちょうどノドも乾いていたし‥、ちょっと一服でもしていくか‥。
これも何かの縁? その後、この“ひょうひょうとした”おっちゃんのペースに乗せられ、色々物件を見て回ることに。
でも、すっご~い山の上とか、長~い階段を登ったとことか、朽ち果てた家とか、、、、
私達の予算だとこんな所しかないの?!
「俺、こんな坂道を毎日通うのイヤだ!」「駅から遠すぎ!」「日当たりが悪い」のなんのとケンケンがごねていると、、
『贅沢言うんじゃねぇ!!』とブラック魔王のパンチが飛んでくるのでありました。
つづく‥